カテゴリー
業務経歴

MVNE事業者「通信サービス連携システム」の構築

期間

2016年6月~2019年3月

規模

開発メンバー:通常4名。最大15名前後。
大規模な開発フェーズ2回。
その後も開発保守と機能追加・改善を並行しながら継続的に実施。

担当

フェーズ初期段階より、システムエンジニアとして、
全体の設計・開発に従事。
実装では、特にMNO事業者とのデータ連携部分の実装を担当。

  • 要件定義の作成支援。
  • ハードウェア、クラウドサービス選定。
  • MVO事業者との各種対応(QA、接続試験など)。
  • 基本設計書や詳細設計書の作成。
  • 実装。
  • 試験(単体~結合)の仕様書作成および実施。
  • サービスリリース(デプロイ)
  • サービスイン後の保守・不具合対応。

言語

  • PHP
  • Laravel(フレームワーク)
  • Redis(メモリキャッシュ、Amazon ElastiCache)
  • HTML、CSS、JavaScript
  • jQuery、Ajax

データベース

  • MySQL(Amazon RDS)

クラウド

  • AWS(EC2、EBS、RDS、SESなど)

データ通信

  • SOAP(PHP-SOAP)
  • HULFT(ファイル連携・データ連携ミドルウェア)

開発ツール

  • Eclipse(統合開発環境)
  • Subvertion、git(ソース管理)
  • Redmine(プロジェクト管理)
  • Zabbix(サーバ監視)

解説

いわゆる、格安SIM事業者向けシステム。

MVNE事業者が各種MVNO事業者に提供する各種通信サービスの受付・管理システムの構築。
MVNO事業者が一般顧客に提供に提供しているサービス(回線契約や停止/再開、パケット量の上限設定など)をもとに当システムを利用してMNO事業者とのサービス連携を行うための、BtoBのWebシステム。

MVNO事業者が作成した依頼データを、CSV形式のファイルにしてWeb/FTPアップロード、もしくはWebAPIを介して受信。これら依頼データを元にMNO事業者へのデータ連携を行い、その結果を返す。

依頼の内容によって、MNO事業者の提供するシステムに専用線を介してSOAPやHULFTを用いたデータ通信を行い連携する。

BtoBのシステムではあるが、顧客情報を直接取り扱う場面や、通信回線の開通や停止・停止解除など、顧客サービス内容に直結しており即時性が求められる事から、デリケートなシステム。

発注元の社風や体制などの都合により、事業企画担当者の要件定義への落とし込みに関する知識や経験が不足していた。
そのため、実務のワークフロー調査から要件定義の作成支援など要件定義の前段階も含めて行い、さらにシステムに掛かる大部分を構築する案件であった。