カテゴリー
よくあるご質問

価格はいくら?

価格は業務の内容・個別の状況によって、大きく変動します。

これは技術的なニーズ、当職へのメリット(技術の経験・熟練に繋がる等)、依頼内容の精度、現時点の依頼状況、納期まで期間など、様々な要素を総合的に勘案する必要があるためです。

一般的には時間給(工数)で換算するのが、注文者側からは判りやすいとは思いますが、当職の請ける業務内容は多種多様なことと、顧客によって注文の精度が異なるため、その点を見極める必要があります。

そのため、詳細については、ご依頼(注文)内容を確認した上で検討し、見積書にて提示させていただきます。

なお参考として「1ヶ月単位」「期間中ほぼ時間占有(他の依頼を断るレベル)」の依頼を基準とした「参考価格」を以下に提示します。

当方にて提供する技術スキルの元にした案件の場合、一般的な相場から、概ね1人月規模に案件に換算して 70 万円前後(1人日あたり 3.5 万円、1時間あたり 4,500 円)を最低価格と考えてます。また、最低1万円以上の案件のみ請けさせていただきます。

以下の経費は、原則として別途請求させていただきます。(長期案件を除く)

  • 旅費交通費(実費)
  • 案件遂行上、特別に必要となる物品の購入費(手数料等込)

また、この価格で請けるものは、以下の注文条件が満たす必要があります。

あくまで依頼から設計・製造・納品をスムーズに行えることが価格の原則となります。
それ以外の業務が必要な場合は、少なくともそれに必要な期間や工数が必要になります。

この金額について「高い」と言われることがありますが、以下の点からを勘案した上で、ご提示した金額を基準としています。

  • 専門技術や知識の提供や行使による対価。
  • 交通費など、案件遂行に必要な諸経費。
  • 事業継続のための費用(機材や賃料など)。
  • 人件費として正当な対価(相場を無視するような割引は、できません)。

またこれらは、絶対的な価格ではございません。
たとえば専門的な知識が不要な単純作業や、他の業務を並行して行う事が可能な作業など、作業条件や内容によって価格は大きく変動します。

逆に以下の要素が含まれる案件については、価格が上昇する場合がございます。

  • 人員や案件のマネジメントやリーダーシップが求められる案件。
  • 納期がシビアな案件や要件の定まっていない、曖昧な案件。ハイリスク案件。
  • お客様の勤務時間等に合わせるなど、拘束時間が決まっている案件。
  • 進捗報告などの管理報告を頻繁に求めたり、管理・進行業務に相応の工数を必要とする案件。
  • 注文内容や期間等に対して、妥当でない品質や精度が求められる案件。

過去に最大120万/月前後で請けした経験はございますので、ある程度のリスク案件までは対応可能です。
しかしながら相応の価格が上乗せされます。場合によっては、必ずしも「案件の完了=成功」のお約束ができないリスクが生じる事があります。

対して以下のようなご依頼は、価格を抑えた見積もりを提示するすることができます。

  • 時間や場所の拘束が厳しくないご依頼。
  • システム監視など平時の作業規模が少ない案件。
  • 定常的なご依頼。(当職のノウハウ向上による、作業効率からの値引きが可能。)
  • 依頼内容や納品物が明確なご依頼。(見積の精度向上⇒値引きに繋がります。)

以上をご理解のうえ。ご参考いただければと思います。